ニキビケアの方法 -にきび薬-

人気のニキビケア化粧品 TOP5

ニキビケアには薬だけに頼るのではなく、適切なスキンケア化粧品も併用して使うのが非常に重要です。

そこで、ニキビケアに効く化粧品の中でも口コミ評価が高いケア商品だけを厳選してピックアップしました。

順位 商品名 値段 送料 商品説明 要チェック情報
1位 ビバリーグレン 1,944円 無料 驚くべき大人ニキビの撃退効果にリピーター続出 詳細と口コミ
2位 オルビス 1,680円 無料 7つの機能性和漢処方がニキビを根本から予防 詳細と口コミ
3位 ルナメア 1,000円 無料 ナノ化技術を活かした成分『アクネシューター』 詳細と口コミ
4位 プロアクティブ 3,900円 600円 売上No1の本格派ニキビケア 60日間返金保証 詳細と口コミ
5位 草花木果 1,680円 無料 薬用どくだみと天然温泉水がニキビケアに効果的 詳細と口コミ
6位 アクポレス 1,890円 無料 お米生まれのライスパワーがニキビケアに最適 詳細と口コミ

ニキビケアに保湿が必要な理由

一番外側にある皮膚は、レンガのように何重にも角質が重なった「角層」と呼ばれるものです。

下から新しい角質が出来てくるたびに、上にある古い角層が剥がれ落ちることで
一定の厚みを保ち、体内の水分蒸発や異物が入らないよう守っている。

そして、生まれたての角質が上にあがり、剥がれ落ちるまでが約28日と言われている。

この角質が生まれたばかりの時から毎日丁寧に保湿してあげると、
上にあがり表面にでてきた時もうるおいを蓄えたやわらかい状態になります。

逆に保湿ケアしなかった場合は、表面にでてきた時に固く薄い、ごわごわした手触りの状態になる。

そうなってしまうと皮脂の出口である毛穴を塞ぎ、ニキビを招いてしまうのです。

ニキビの種類と仕組み

ニキビとは、過剰な皮脂分泌が原因で毛穴が詰まることで起きる皮膚の炎症のことです。

毛穴の詰まりを放っておくと、ニキビの元となるアクネ菌が毛穴内で皮脂と結びつき、増殖していきます。

そして、それらがやがてニキビとなるのです。

ニキビの種類には白、黒、赤の3種類がある。

白にきびとは初期症状のもので、毛穴の内部に皮脂が詰まり白く盛り上がった状態のことを言う。

一方、黒にきびは毛穴に溜まった皮脂が毛穴の外に押し上げられ、酸化して黒ずんでいる状態で、
赤にきびは白ニキビや黒ニキビを放置してした場合に表れるものです。

そして、過剰な皮脂分泌は、ニキビが発生する原因です。

余分な皮脂分泌を抑制するには、食生活と生活バランス、洗顔法などのケアを改善する必要がある。

ニキビとホルモンバランス

ニキビは思春期によくできますが、これは思春期がホルモンバランスの崩れやすい時期だからです。

特に女性の場合、生理の前後にニキビができやすいですが、これはホルモンバランスが崩れるから。

また、女性ホルモンに対して男性ホルモンが優位になると、毛穴の角質が厚くなり、毛穴がふさがれてしまう。

そうなると、毛穴の中に皮脂が溜まってしまい、皮脂が酸化してニキビが発生する

酸化の原因は、アクネ菌と紫外線によって生じる活性酸素です。

アクネ菌はポルフィリンという代謝物を出すのですが、
ボルフィリンに紫外線が照射されると大量の活性酸素が発生します。

そして、活性酸素はたまった皮脂を遊離脂肪酸や過酸化脂質に変え、周囲の細胞を傷つけます。

それが原因で炎症が起き、ニキビが発生するのです。

間違ったニキビケア

ニキビをつぶすのは厳禁なケア!

ニキビが出来ると誰でも気になってしまいますよね。
気になりすぎて、ニキビを潰してしまうという人も多いのではないでしょうか。

また、ニキビを潰すと早く治ると言っている人がいますよね。
それも、ケアで一理あると最近は言われていますが、絶対につぶしてはいけません。

にきびを潰してしまうと、毛穴が破れてしまうのです。
毛穴が破れると言う事は、裂けて傷ついてしまっていますよね。

傷ついてしまった毛穴は、跡になってしまう可能性があります。

跡になった所は、黒くシミのようになってしまったり
酷くなると、クレーターのように凹凸になってしまったりします。

この跡のことを一般的に、ニキビ跡とよんでいます。

ニキビ跡は、とても治りにくいものですよね。
ニキビを早く治したいからと潰してしまうと、ニキビ跡が出来て後悔してしまいますよ。

また、ニキビを潰し、傷がついてしまうと、そこから雑菌が入ってしまうことがあります。
そうすると、どうなってしまうか分かりますか?

潰したところに雑菌が入ってしまうと、とても酷くなってしまうことがあります。
その傷は、膿んでしまったり・・・という事にもなりかねません。

もっと大変な事になると、潰したところから雑菌が入り、広がってしまい
そこだけではなく、広範囲ににきびが出来てしまう事もたくさんあります。

広範囲に出来てしまうと、それがまたストレスとなってしまい
更にニキビが増えていってしまうこともあります。ケアは難しいですね。

そうなってしまったら、とても悲しいし、辛いですよね。
鏡を見ること、外に出て人と顔を合わすことも億劫になってしまうでしょう。

そうならない為に、にきびは絶対に潰さず、
自然に治ることを待った方が良いとされています。

自然に治ったニキビは、潰したにきびとちがい、
跡にならずに綺麗に治るでしょう。ケアには注意が必要です。

ニキビケアに繰り返し洗顔は要注意

ニキビを早く治そうとして、繰り返し洗顔をするケアをする人がいますね。
その、繰り返してする洗顔ケアは、本当ににきびを治しやすくしているのでしょうか。

実は、繰り返し洗顔ケアには注意しなければいけないことがあります。
それは、繰り返し洗顔をすると、返ってにきびを悪化させてしまう原因になってしまいます。

「綺麗になるんだからそんな訳はない」と思うかもしれませんが
肌を洗顔しすぎると、乾燥してしまい、ニキビが酷くなってしまうでしょう。

洗顔ケアをして、なんだかすっきりしないからといって
もう一度泡で洗うというのは、基本的には辞めた方が良いです。

「基本的には」と書きましたが、どのような時は例外だと思いますか?
それは、化粧をしている時。

化粧をしている時は、予想以上に毛穴に汚れが溜まっている。

それを、その日のうちにケアして出さなければあっという間に酸化してしまい
ニキビの原因になってしまう事でしょう。

なので、化粧をしている時だけ、繰り返し洗顔をしても良いといえます。
けれど、条件があり、一度目はしっかりと洗顔しますが、二度目は少し違います。

二度目の洗顔の時は、優しく、すぐに終わらせなければいけません。
決して、よく洗おうと時間をかけてはいけませんよ。

時間をかけてしまうと、更に肌が乾燥してしまい、
皮脂を過剰に分泌してニキビが増えてしまいます。

そうならないためにも、化粧をしていない時は一回、
化粧をしている時は、二回までにおさえましょう。

また、二回洗顔した跡はとても肌がデリケートになっています。
肌をいたわって、優しく扱うようにしましょう。

繰り返し洗顔というのは、あなたが思っている以上に肌を乾燥させてしまいます。
くれぐれも、毎日繰り返し洗顔ケアをするのは辞めましょう。

メイクでニキビを隠す

ニキビが出来てしまい、恥ずかしいと思ってしまうのは仕方がない事です。
そんな時、ケアよりメイクで隠そうとしている人はたくさんいますよね。

メイクで隠すのは、一番手っ取り早く、ケアより楽な方法だと思います。
なにより、にきびをなかった事のようにしてくれるのですから、嬉しいですよね。

ですが、その「メイクでニキビを隠す」というのが、
にきびを悪化させてしまっているとしたら、どうでしょうか。

メイクというのは、肌全体をふさいでしまっていますよね。
それでは、ニキビが早く治るとは言いがたいケアです。

また、ニキビを隠そうとするため、
リキッドタイプのファンデーション使ってしまったり・・・なんて事もありますよね。

それでは更にニキビが増えてしまったり、治りにくくなってしまったりします。
では、ケアにどんな化粧品を使えば良いのでしょうか。

ニキビケアに使っても良い化粧品は、まずはオイルフリーな物です。
オイルが入っていると、どうしても肌に負担をかけてしまいます。

オイルフリーなものに変えるケアだけで、肌への負担をグンと減らす事が出来ます。

また、リキッドファンデーションを辞め、
肌に優しいミネラルファンデーションにするケアも良いでしょう。

パウダータイプでケアするだけで、肌が変わってきますよ。

パウダータイプの場合、オーガニック化粧品や皮膚科で扱っているような
肌に優しい物を使ってみてくださいね。

また、美容液成分が入っているものでケアもオススメします。
例えば、ケアにはBBクリームなんかが良いです。

BBクリームは、とても肌に優しく、
韓国では手術をしてから少しの期間で使っているといいます。

それくらい肌に優しいものなので、ケアに安心して使ってみてください。

普通のファンデーションよりも肌に負担が掛からず、
ニキビの悪化を防げます。